長く安心して住める家にするには住宅診断が必要

  1. ホーム
  2. 依頼する業者を見極める

依頼する業者を見極める

積み木と硬貨

任意売却をする時には、住宅ローンの債権者との間に入ってくれる業者選びがポイントです。不動産会社に依頼する場合は、任意売却の実績があるかどうかも確認しておきましょう。不動産会社の他には、弁護士事務所や任意売却を専門に行っている業者を利用することもできます。弁護士事務所へ依頼するメリットは、住宅ローン残高が多くなることがわかっている場合に自己破産も含めた対応をしてもらうことができる点です。任意売却と自己破産を別々に依頼するよりも手間や時間を省くことができます。専門業者は、不動産会社や弁護士事務所と違って任意売却に特化したサービスを行っているのが特徴です。そのため、抵当権の抹消や必要な手続きを手厚くしてもらうことができます。安心して依頼できる業者を選ぶためには、メリットだけでなくデメリットについても説明してくれるかどうか見極めることが大切です。福岡県内にある物件の売却をするのであれば、福岡周辺の土地や物件の相場に詳しい業者を利用しましょう。住宅を売却した後も福岡県内に住みたいと考えているのであれば、合わせて新居の相談もすることができます。福岡県なら不動産会社や弁護士事務所も簡単に見つけることができるため、手続きをスムーズに進めることが可能です。便利な任意売却ですが、手続きを進めるために忘れてはいけないのが連帯保証人への連絡です。連帯保証人の同意がなければ手続きができないため、万が一連絡がつかなかった場合は任意売却をすることができません。