長く安心して住める家にするには住宅診断が必要

手間がかかる

内観

空き家を所有しているのであれば、定期的な管理が必要になってきます。色々と怠ると、家が傷んで住めない状態になってしまったり、ゴミ捨て場にされてしまったりすることもあります。通うことが出来ない場合には管理を委託すると良いでしょう。

Read More

売買で役立つ測量サービス

婦人

東京で不動産を売買する時は、売主が土地家屋調査士などのプロに依頼をして、不動産の面積や境界などを今一度確認する作業が発生します。作業の複雑さなどによって、土地家屋調査士に支払う費用は前後するのが一般的です。

Read More

依頼する業者を見極める

積み木と硬貨

任意売却の手続きを進めるためには、連帯保証人の同意を得てから信頼できる業者に依頼することがポイントです。業者によって得られるメリットが異なるため、比較しながら依頼先を決定しましょう。福岡県内での任意売却を検討しているのであれば、土地や物件の相場に詳しい県内の業者がおすすめです。

Read More

診断士の選び方

夫婦と男性

実績をチェックしよう

中古一戸建てや中古マンションを、購入したいと考えている方は少なくありません。中古物件は価格もお手頃という事もあり、購入しやすいという魅力があります。ただ、中古物件は「基礎が傷んでいないか」・「欠陥が無いか」など、購入する上で様々な不安がついていきます。より安心して中古物件を購入したいなら、住宅診断を受けてみてはいかがでしょう。住宅診断とは「ホームインスぺクション」とも言われており、プロの診断士が物件の状態を細かくチェックしてくれるサービスです。住宅診断を受ける事で、購入を考えている中古物件の状態をチェック出来ます。購入する側にとってメリットのある住宅診断ですが、国内ではまだ幅広く浸透していません。ですので、住宅診断を依頼する診断士選びに、迷ってしまうという方も多いようです。プロの診断士を選ぶには、必ず実績をチェックしましょう。中古物件といっても、1つ1つの物件それぞれ状態や、劣化具合に違いがあります。物件の構造や建築されてからの時間、そして前に住んでいた方の暮らし方などによって、家の状態というのは大きく変わるのです。千差万別の中古物件の状態をしっかり見極めるには、やはり多くの知識や技術、実績に経験というものが必要です。住宅診断を依頼する場合、率直にどのくらいの実績があるのか質問してみましょう。実績の多い診断士であれば、経験も積んでおり様々な中古物件に対して、対応できる力があると言えます。